a



This is a HomePage presented by Mr. Kazuyoshi Kikushima. You can find TIME WORDS dictionary collected from TIMEmagazine.

この写真は、高柳ヤヨイ他著「クールページデザインリミックス」(ソシム(株)2003年)の写真を高柳ヤヨイ氏及び同社のご好意により使わせていただいております。

 


 




読売新聞「日本書紀を訪ねて」(2020.09.08)掲載)

 
 

 

信濃毎日新聞歌壇俳壇(2020.08.10掲載)

高校時代の友人が信濃毎日新聞社の歌壇俳壇を送ってくれました。著作権に違反するかもしれませんが、信濃毎日新聞社さんお許しください。
(2020年8月6日木曜日号より)

 

友人からの色紙(2020.05.08掲載)

友人の小林茂昭医師が色紙を送ってくれました。
「色紙は毎月書いて、週2回勤める相沢病院塩尻診療所の通所リハビリホールに掲示して、脳卒中後遺症などでリハビリに来る利用者さんで希望者に差し上げています。」

「蟄居中運動不足あり、精神状態にもよくないので近くの森を家内と少しく散策しました。鶯の声が心に響きました。」

小林茂昭

B

 

n

「史書を訪ねて」、「日本書紀を訪ねて」(2020.04.07掲載)

<

読売新聞の夕刊で毎週火曜日に「史書を訪ねて」と「日本書紀を訪ねて」が掲載されています。2020.04.07以降の掲載分をコピーして掲載いたしました。(読売新聞さんご了解ください。)

掲載年月日

史書を訪ねて 日本書紀を訪ねて 日本史アップデート
2020.04.07   神代編一  国生み
2020.04.14 大鏡    
2020.04.21+ 神代編二  黄泉国  
2020.04.28 海防上書     
2020.05.05   夕刊休刊日  
2020.05.12   神代編三 天岩戸   
2020.05.19 多聞院日記     
       

2020.09.08

  伝説編四 衣通郎姫  
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Histor of Japan, Anciet Japan to 1185 from BRITANNICA (2020.04.掲載)

ン品 吉野ヶ里遺跡北内郭の大型建物

日本の古代史 1185年まで

Ancient Japan to 1185

Prehistoric Japan

Pre-Ceramic culture

Ancient Japan to 1185
Prehistoric Japan
Pre-Ceramic culture


 It is not known when humans first settled on the Japanese archipelago. It was long believed that there was no Paleolithic occupation in Japan, but since World War II thousands of sites have been unearthed throughout the country, yielding a wide variety of Paleolithic tools. These include both core tools, made by chipping away the surface of a stone, and flake tools, made by working with a stone flake broken off from a larger piece of stone. There is little doubt that the people who used these implements moved to Japan from the Asian continent. At one stage, land connections via what are now the Korea and Tsushima straits made immigration from the Korean peninsula possible, while another connection, via what are now the Soya and Tsugaru straits, allowed people to go in from northeastern Asia.


 The Paleolithic Period in Japan is variously dated from 30,000 to 10,000 years ago, although the argument has been made for a Lower Paleolithic culture prior to 35,000 BCE. Nothing certain is known of the culture of the period, though it seems likely that people lived by hunting and gathering, used fire, and made their homes either in pit-type dwellings or in caves. No bone or horn artifacts of the kind associated with this period in other areas of the world have yet been found in Japan. Since there was no knowledge whatsoever of pottery, the period is referred to as the Pre-Ceramic era.


 Climatic changes help to account for the existence of a Mesolithic stage in early Japanese culture, a time when much of the abundant fauna of earlier times became depleted by the expanding human population of the archipelago. The introduction of the bow and arrow is regarded as a local response to a decrease in game available for food.


Jomon culture (c. 10,500 to c. 300 BCE)


 The Pre-Ceramic era was followed by two better-recorded cultures, the Jomon and the Yayoi. The former takes its name from a type of pottery found throughout the archipelago; its discoverer, the 19th-century American zoologist Edward S. Morse, called the pottery jomon (“cord marks”) to describe the patterns pressed into the clay. A convincing theory dates the period during which Jomon pottery was used from about 10,500 until about the 3rd century BCE. Of the features common to Neolithic cultures throughout the world— progress from chipped tools to polished tools, the manufacture of pottery, the beginnings of agriculture and pasturage, the development of weaving, and the erection of monuments using massive stones—the first two are prominent features of the J?mon period, but the remaining three did not appear until the succeeding Yayoi period. Pottery, for example, first appeared in northern Kyushu (the southernmost of the four main Japanese islands) about 10,500 BCE, in an era that is called the Incipient J?mon period. While continental influence is suspected, the fact that Kyushu pottery remains predate any Chinese findings strongly suggests that the impetus to develop pottery was local. J?mon is thus best described as a Mesolithic culture, while Yayoi is fully Neolithic.

 The manufacture of pottery, however, was highly developed, and the work of J?mon peoples has a diversity and complexity of form and an exuberance of artistic decoration. It is customary to regard changes in pottery types as a basis for subdividing the age into six periods: Incipient (c. 10,500–8000 BCE), Initial (c. 8000–5000 BCE), Early (c. 5000–2500 BCE), Middle (c. 2500–1500 BCE), Late (c. 1500– 1000 BCE), and Final (c. 1000–300 BCE). Since J?mon culture spread over the entire archipelago, it also developed regional differences, and this combination of both chronological and regional variations gives the evolution of J?mon pottery a high degree of complexity.


 The pottery of the Incipient and Initial periods includes many deep urnlike vessels with tapered bullet-shaped bases. In the Early period the vessels of eastern Japan become roughly cylindrical in shape, with flat bases, and the walls contain an admixture of vegetable fibre. In the Middle period there were rapid strides in pottery techniques; the pots produced in the central mountain areas during this time are generally considered to be the finest of the whole Jomon era. The surfaces of these normally cylindrical vessels are covered with complex patterns of raised lines, and powerfully decorative projections rise from the rims to form handles. From the Middle period onward there is increasing variety in the types of vessels, and a clear distinction developed between high-quality ware using elaborate techniques and simpler, purely functional pots. The amount of the latter type increases steadily, preparing the way for the transition to Yayoi pottery.


 Jomon dwelling sites have been found in various parts of the country. They can be classified into two types: one, the pit-type dwelling, consisted of a shallow pit with a floor of trodden earth and a roof; the other was made by laying a circular or oval floor of clay or stones on the surface of the ground and covering it with a roof. Remains of such dwellings have been found in groups ranging from five or six to several dozen, apparently representing the size of human settlements at the time. Most of these settlements form a horseshoe shape, with a space in the centre that seems to have been used for communal purposes. Nothing certain is known, however, concerning social or political organization at this period. It can be deduced that each household was made up of several family members and that the settlement made up of such households was led by a headman or shaman.

 The people of the Jomon period lived mainly by hunting and fishing and by gathering edible nuts and roots. The appearance of large settlements from the Middle period onward has been interpreted by some scholars as implying the cultivation of certain types of crop—a hypothesis seemingly supported by the fact that the chipped-stone axes of this period are not sharp but seem to have been used for digging soil. Doubtless there was some form of cultivation: starchy yams and taro, probably originating from the continent, were raised, the starch from them formed into a type of bread. This incipient agriculture seems related to a cultural florescence in mid-J?mon times that lasted about 1,000 years.
Weaving of fibres was still unknown, though woven baskets have been found dating to the Early period. Archaeological findings indicate that clothes were largely made of bark. Body ornamentation included bracelets made of seashells, earrings of stone or clay, and necklaces and hair ornaments of stone or bone and horn. From the latter part of the period, the custom also spread throughout the archipelago of extracting or sharpening certain teeth, probably performed as a rite marking the attainment of adulthood.


 No especially elaborate rites of burial evolved, and the dead were buried in a small pit dug near the dwelling. Sometimes the body was buried with its knees drawn up or with a stone clasped to its chest, a procedure that probably had some religious or magical significance. A large number of clay figurines have been found, many representing female forms that were probably magical objects associated with primitive fertility cults.


 For years certain scholars have claimed that the bearers of the Jomon culture were ancestors of the Ainu, an indigenous people of northern Japan. Scientific investigation of the bones of Jomon people carried out since the beginning of the 20th century, however, has disproved this theory. The Jomon people might be called proto-Japanese, and they were spread throughout the archipelago. Despite certain variations in character arising from differences in period or place, they seem to have constituted a single ethnic stock with more or less consistent characteristics. The present Japanese people were produced by an admixture of certain strains from the Asian continent and from the South Pacific, together with adaptations made in accordance with environmental changes. There is evidence to suggest that people moved eastward across Siberia and entered Japan via Sakhalin Island and Hokkaido. Nothing can yet be proved concerning their relationship with the people of the Pre-Ceramic period, but it cannot be asserted that they were entirely unrelated.


The Yayoi period (c. 300 BCE–c. 250 CE)
 The new Yayoi culture that arose in Kyushu, while the Jmon culture was still undergoing development elsewhere, spread gradually eastward, overwhelming the Jomon culture as it went, until it reached the northern districts of Honshu (the largest island of Japan). The name Yayoi derives from the name of the district in Tokyo where, in 1884, the unearthing of pottery of this type first drew the attention of scholars. Yayoi pottery was fired at higher temperatures than Jomon pottery and was turned on wheels. It is distinguished partly by this marked advance in technique and partly by an absence of the proliferating decoration that characterized Jomon pottery. It developed, in short, as pottery for practical use. It is accompanied by metal objects and is associated with the wet (i.e., irrigated) cultivation of rice, thought to have begun around the end of the Late Jomon period. Culturally, the Yayoi represents a notable advance over the J?mon period and is believed to have lasted for some five or six centuries, from about the 3rd century BCE to the 2nd or 3rd century CE

.
 In China the 3rd and 2nd centuries BCE correspond with the period of the unified empire under the Qin (221–207 BCE) and Han (206 BCE–220 CE) dynasties, which already had entered the Iron Age. In 108 BCE the armies of the emperor Wudi occupied Manchuria and the northern part of the Korean peninsula, where they established Lelang (Nangnang) and three other colonies. These colonies served as a base for a strong influx of Chinese culture into Korea, whence, in turn, it spread to Japan. The fact that Yayoi culture had iron implements from the outset, and bronze implements somewhat later, probably indicates borrowings from Han culture. Since iron rusts easily, comparatively few objects have been found, but they seem to have been widespread at the time. These include axes, knives, sickles and hoes, arrowheads, and swords. The bronze objects are also varied, including halberds, swords, spears, taku (bell-shaped devotional objects from China), and mirrors. The halberds, swords, and spears seem not to have been used in Japan for the practical purposes for which they were developed in China but rather to have been prized as precious objects.

 The cultivation of rice, probably introduced from the Yangtze River delta area of southern China, was one of the most important features of Yayoi culture. The earliest Yayoi pottery and sites, discovered in northern Kyushu, have yielded marks of rice husks as well as carbonized grains of rice; this suggests that rice growing was carried on in Japan from the earliest days of the culture. Traces of paddy fields, their divisions marked with wooden piles, have been found close to sites of settlements in various districts, along with irrigation channels equipped with dams and underdrains, showing that techniques of making and maintaining paddy fields were quite advanced. Rice was first grown in dry (i.e., nonirrigated) fields and marshy areas, however, before paddy cultivation—involving considerable investment of time, labour, and capital—came to predominate.

 Generally speaking, the settlements of this period were built on low-lying alluvial land to facilitate the irrigation of the paddies, but at one stage they were built instead in the hills or on high ground. It is not clear whether this was dictated by the needs of defense or whether dry cultivation was being practiced. Much as in the Jomon period, there were two types of dwelling —the pit type and the type built on the surface —but in addition to these, raised-floor structures appeared and were used for storing grain out of the reach of rodents.


 With the acquisition of a knowledge of textiles, clothing made great strides compared with the Jomon period. The cloth was woven on primitive looms, using vegetable fibres.The dead were buried in either large clay urns or heavy stone coffins. Both were common in northern Kyushu and neighbouring areas; similar urns and coffins also are found on the Korean peninsula, where they probably originated. The graves were usually marked by mounds of earth or circles of stones, but a special type of grave employed a dolmen (a large slab of stone supported over the grave by a number of smaller stones). Since the erection of dolmens was widely practiced in Manchuria and Korea, these too are believed to be a sign of an influx of continental culture. Normally, graves occur in clusters, but occasionally one is found apart, surrounded by a ditch and with swords, beads, and mirrors buried along with the dead. Such special graves suggest that society was already divided into classes.
While these new cultural elements represent a migration to Japan from the Korean peninsula or China, the migration was not of a magnitude to change the character of the people who had inhabited the islands from J?mon times. Yayoi culture undoubtedly represents an admixture of new sanguineous elements, but it seems likely that the chief strain of proto-Japanese found throughout the country during the J?mon period was not disrupted but was carried over into later ages. Differences in J?mon and Yayoi skeletal remains can better be explained by nutritional than genetic reasons. This point of view is supported by the accounts of the “people of Wo,” found in the Chinese history Wei zhi (297 CE).

Chinese chronicles
 Japan first appears in Chinese chronicles under the name of Wo (in Japanese, Wa). The Han histories relate that “in the seas off Lelang lie the people of Wo, who are divided into more than 100 states, and who bring tribute at fixed intervals.” Lelang was one of the Han colonies established in the Korean peninsula. A history of the Dong (Eastern) Han (25–220 CE) records that in 57 CE the “state of Nu in Wo” sent emissaries to the Dong Han court and that the emperor gave them a gold seal. The “state of Nu,” located on what is now Hakata Bay, in Kyushu, was one of the more than 100 states that constituted Wo. This account was confirmed by a gold seal, apparently the identical seal awarded by the Chinese emperor, unearthed on the island of Shikano, at the mouth of Hakata Bay, in 1748. In the latter half of the 2nd century, there was civil war in the state of Wo; Queen Himiko had pacified the land and, relying on her religious powers, ruled over a confederation of more than 30 states that maintained communications with the Wei kingdom (220–265/266) in northern China. Wei too sent emissaries to Wo, and Jorelations between the two sides continued during the first half of the 3rd century. The Wei zhi contains a detailed account of the route from Lelang to the court of the Wo queen in “Yamatai.”


 Scholars are divided as to whether Yamatai was located in northern Kyushu or in the Kinai district (central Honshu). If it was in northern Kyushu, then the union of states was a purely local government, unrelated to the Yamato court of later times, but if it was in the Kinai district, then it would be natural to see it as the ancestor of that court. This would suggest, in turn, that Japan had already achieved a considerable degree of political unification. Japanese historians long sought to emphasize the antiquity and degree of unity of Yamatai in order to aggrandize Japan’s relations with other East Asian nations. It seems most likely, however, that Yamatai was a local centre of power in Kyushu and that further unification did not take place until at least a century later.


 According to the Wei zhi, the people of Wo already had reached a fairly high degree of civilization. Society had clear-cut divisions of rank, and the people paid taxes. There were impressive raised-floor buildings. The various provinces held fairs where goods were bartered. Since there were exchanges of letters with Wo, it seems too that there were already some who could read and write.


The Tumulus (Tomb) period (c. 250–552)
The unification of the nation


 The questions of how the unification of Japan was first achieved and of how the Yamato court, with the tenno (“emperor of heaven”) at its centre, came into being in central Honshu have inspired many hypotheses, none of which has so far proved entirely convincing. With the help of Chinese and Korean records, however, it is possible to get at least an approximate idea of the date by which substantial unification had occurred. The relations that Yamatai had begun with Wei were continued with the successor Jin dynasty (265–316/317); however, following the dispatch of a mission in 266, all records of exchanges cease, and it is not until 147 years later, in 413 during the Dong (Eastern) Jin dynasty (317–420), that the name of Wo again appears in Chinese documents. It is most likely that the blank period resulted from conditions within Japan that made exchanges with other countries impossible. The collapse of Yamatai and the birth pangs of the Yamato kingdom that took its place probably occurred during this period.


 It is possible to push the date of unification of the nation back a few decades earlier than 413: a memorial erected in 414 commemorating the achievements of King Kwanggaet’o of Kogury? (a Korean state; 2nd century BCE–668 CE), describing the fighting between Wo and Kogury? on the Korean peninsula from the end of the 4th century into the beginning of the 5th century, makes special mention of a great army sent to the peninsula in 391 by Wo. Such military success presupposes a long period of preparation. The 8th-century Nihon shoki (“Chronicles of Japan”), one of Japan’s two oldest histories, mentions the dispatch of troops by Japan in 369. Such displays of strength would hardly have been possible unless Japan was already significantly unified, and the date of the unification of the country may therefore be about the mid-4th century at the latest.


Taro Sakamoto
G. Cameron Hurst

The Yamato court

 Post-World War II historians have greatly revised the view of the place of Yamato in Asian affairs, downplaying the degree of control the Japanese formerly asserted that Yamato held over the Korean peninsula in ancient times. Most divide this period into three stages: a time of growth and expansion from about 250 to the end of the 4th century, a period of florescence that covers the 5th century, and then a period of decline from the early 6th century.

飛鳥時代

Asuka period JAPANESE HISTORY

WRITTEN BY: The Editors of Encyclopaedia Britannica See Article History


 Asuka period, in Japanese history and art, the era from 552 to 645 CE, which began with the introduction of Buddhism from Korea and culminated in the adoption of a Chinese pattern of government. Initially opposed by conservative clans, Buddhism found favour with the powerful Soga family, which defeated its rivals in a succession dispute in 587. As imperial regent, Sh?toku Taishi gave Buddhism official support, and his famous Seventeen Article Constitution, promulgated in 604, outlined moral precepts, largely Buddhist and Confucian in tone, for the establishment of a central government. Although the Soga were destroyed in 645, the reforms carried out from that year until 710—called the Taika era reforms—continued the institution of centralized rule.
description collections
BRITANNICA menusearch
Kanzeon Bosatsu Kanzeon Bosatsu, wood sculpture with gold leaf, 7th century, Asuka period.
Courtesy of the Horyu-ji, Nara
Advertisement - Continue reading below
search
Japanese art: Asuka period The Asuka period was a time of transformation for Japanese society. It is named for the Asuka area at the southern end…
Buddhist art found expression in the temples of the Asuka period. The first major one is believed to be the Asuka-dera sponsored by the Soga. Prince Sh?toku founded the H?ry? Temple outside the city of Nara; though later reconstructed, it contains several examples of early Buddhist sculpture.

聖徳太子

Taishi Sh?toku

JAPANESE REGENT AND AUTHOR


WRITTEN BY: The Editors of Encyclopaedia Britannica See Article History
Alternative Title: Umayado


 Taishi Shotoku, original name Umayado, (born 574, Yamato, Japan—died April 8, 622, Yamato), influential regent of Japan and author of some of the greatest contributions to Japanese historiography, constitutional government, and ethics.

 Shotoku was a member of the powerful Soga family and was the second son of the shortreigned emperor Yomei. When political maneuvering brought his aunt to the throne, Sho toku became crown prince and regent in 593. He remained in that position until his death. One of his first acts was to resume sending envoys to China, a practice that had been discontinued since the 5th century, thus opening up avenues for cultural, economic, and political exchange. He imported scores of Chinese artists, craftsmen, and clerks into Japan, adopted the Chinese calendar, created a system of highways, and erected many Buddhist temples, including the Horyu Temple, built in 607 in Ikaruga, near Nara, which is now considered among the oldest surviving wooden structures in the world.

 
 Shotoku promoted Buddhism and Confucianism in what had been an exclusively Shinto milieu and brought new political, religious, and artistic institutions to Japan. By means of persuasion and political maneuver, he emulated in his own country the giant bureaucratic empire of China and expanded the authority of the imperial house, bringing back into its hands powers that had been delegated to the feudal lords 


 Shotoku compiled the chronicles of the government, after the Chinese model, to make up the first book of Japanese history. He also nstituted a system of 12 court ranks, each identified by the colour of the cap an official wore. This scheme became one of the most important changes in the Japanese government, for it meant a break with the old system of hereditary posts and implied a bureaucracy of merit along the Chinese model.


Get exclusive access to content from our 1768

First Edition with your subscription.

Subscribe today

 His “Seventeen Article Constitution” (q.v.; 604) instructed the Japanese ruling class in Confucian ethical concepts and the Chinese bureaucratic system, which he held up as an ideal for Japanese government. Although there is some doubt whether this document was the work of Shotoku or perhaps a later forgery, it represents his thinking and resulted from his influence. He is remembered also for irrigation projects and social-welfare measures. He worked for the spread of Buddhism and after his death was looked upon as a Buddhist saint.


This article was most recently revised and updated by Amy Tikkanen, Corrections Manager.

奈良時代

 

The Nara period (710–784)

Beginning of the imperial state

 In 710 the imperial capital was shifted a short distance from Asuka to Nara. For the next 75 years, with minor gaps, Nara was the seat of government, and the old custom of changing the capital with each successive emperor was finally discarded. During this period, the centralized government provided for under the ritsuryo structure worked reasonably well; it was a time of atypical social mobility based on merit, where those with Chinese learning or Buddhist knowledge enjoyed access to power. Perhaps the most conspicuous feature is the brilliant flowering of culture, especially Buddhist culture. The leaders in its promotion were the emperor Shomu and his consort, Komyo. Immediately on his accession, Shomu —who from childhood had been given a thorough schooling as future emperor—showed an eager concern to promote the stable livelihood of the people. Convinced that the Buddhist faith was a means to ensure both the happiness of the individual and peace for the country as a whole, he introduced strong doses of Buddhism into his government.


 One of the measures he took was the founding of the provincial temples known as kokubunji. Each province was to build a monastery (kokubunji) and a nunnery (kokubun niji), each with a seven-story pagoda and each housing a statue of the Shakyamuni Buddha. Each monastery was to have 20 monks, each nunnery 10 nuns, whose constant task would be to recite the scriptures and offer up prayers for the welfare of the nation. Just as the temporal world had its kokushi (governors) in each province to attend to its administrative and juridical matters, so the spiritual world would have officially appointed monks and nuns, distributed evenly among the provinces, to attend to the spiritual needs of the people. 

 The second measure taken by Shomu was the construction of the Todai Temple as kokubunji of the capital and the installation within it of a huge bronze figure of the Vairochana Buddha as supreme guardian deity of the nation. The casting of the Great Buddha (Daibutsu) was a tremendously difficult task, but the emperor called on the people at large to contribute to the project, in however humble a way,  and thereby partake of the grace of the Buddha. The great image that was produced as a result, though damaged in later ages, still stands in the Todai Temple and is famous the world over as the Great Buddha of Nara. The court also tried to attract Chinese monks to Nara. The most important of these was Ganjin (Chinese: Jianzhen), who finally reached Nara in 753 on his six+th attempt and founded the Ritsu sect at Toshodai Temple.


 The marriage of Buddhism and politics that was Shomu’s ideal was to cause trouble after his death. The temples gradually amassed vast wealth, and the monks acquired high political positions and began to interfere in secular affairs. A movement to counter such abuses arose among the aristocracy, the leaders of the movement being the Fujiwara family, descendants of Nakatomi Kamatari, who had played an important role in the Taika reforms. Kamatari and his son Fuhito (both later oiven the surname Fujiwara) had supervised compilation of the Taiho and Yoro codes that formalized the ritsuryo system and had become prominent figures at court as a new type of bureaucrat-noble. Moreover, Shomu’s marriage to Fuhito’s second daughter (who became known as the empress Komyo) created the precedent for a marital relationship with the imperial house that was to last throughout much of premodern Japanese history. The subsequent progress of the family’s fortunes in the Nara period was not always smooth, however.


 In particular, the emphasis on Buddhism undercut the family’s influence. At the end of the 8th century, the powerful priest-premier Dokyo rose to a position 0of undisputed hegemony under Shomu’s daughter, who reigned twice, as the empress Koken and then as Sotoku; and Fujiwara nobles feared that the priestly domination of government threatened the future of the nation. Ousting Dokyo following the death of the empress, they set on the throne a new emperor, Konin, who was less enthralled with Buddhism. Konin’s son, the emperor Kammu, who was of a similar mind, shifted the capital first to Nagaoka and in 794 to Heian (or Heian-kyo; present Kyoto) to sever connections with the temples of Nara and reestablished government in accordance with the ritsuryo system. Kammu’s accession also represented a shift from the descendants of the emperor Temmu back to those of Tenji, whose base of power was located in Yamashiro province, the sit of the new capital.

Culture in the Nara period

 The cultural flowering centring on Buddhism was an outcome of lively exchanges with other
nations. Four times within 70 years the government sent official missions to the Tang court, each mission accompanied by a large number of students who went to study in China. By this time Tang had formed a great empire that controlled not only the central plains of China but parts of Mongolia and Siberia to the north and of Central Asia to the west.


 Nara culture, borrowing from the Tang, whose capital, Chang’an, was a great international city, evinced a marked international flavour itself. The consecration ceremony of the Great Buddha of Todai Temple, for example, was conducted by a Brahman high priest born in India, while the music was played by musicians from throughout East Asia.

 
 But despite this internationalism, respect was also shown for traditional Japanese cultural forms. An outstanding example of this respect is the collection of Japanese verse known as Man'yoshu (c. 8th century CE), an anthology of 4,500 poems both ancient and contemporary. Poets represented in the anthology range over all classes of society, from the emperor and members of the imperial family through the aristocracy and the priesthood to farmers, soldiers, and prostitutes; and the scenery celebrated in the verse represents districts throughout the country. The poems deal directly and powerfully with basic human themes, such as love between men and women or between parents and children, and are deeply imbued with the traditional spirit of Japan, scarcely influenced at all by Buddhist or Confucian ideas. The anthology had immense influence on all subsequent Japanese culture.


 The compilation of Japan’s two most ancient histories, the Kojiki and Nihon shoki, also took place at the beginning of the 8th century. Both works are extremely important, for they draw on oral or written traditions handed down from much earlier times. The histories—a combination of myth, folk belief, and, as they near the contemporary age, historical fact— were highly political in nature: by stressing the connection between the imperial family and the sun goddess (Amaterasu), they provided a written legitimation of the rule of the imperial house. By purposely dating Japanese history back as far as 660 BCE, the compilers sought to raise the level of national sophistication in Chinese and Korean eyes.

T  

 

テレビの前のネコ1(2020.03.10掲載)

野良猫のチビです。眠くなると家の中に入ってきて一日の半分以上は寝ています。

居場所は、特製の三段重ねの来客用座布団の上です。

 

テレビの前が好きで、テレビの出演者になった気分になっているのかもしれません。

 

 

 

英詩を読んで(1) (2020.02.20掲載)

 2012年から2016年の5年間二つの大学の聴講生として勉強させていただきました。授業の一つで、印象に残ったものは、東京大学教養学部で受講した中尾まさみ教授の「英語圏文学」で英詩を読む授業でした。
 この授業は、毎週二つの英詩を当番の学生さんが、解説して、その後で皆で討論するというものでした。
 多くの感動的な詩がありましたが、特に興味を持ったものは、Wallace StevensのAnecdote of the Jar(壺の逸話)という詩でした。
Anecdote of the Jar     

By Wallace Stevens

 I placed a jar in Tennessee,
 And round it was, upon a hill.
 It made the slovenly wilderness
 Surround that hill.

 The wilderness rose up to it,
 And sprawled around, no longer wild.
 The jar was round upon the ground
 And tall and of a port in air.

 It took dominion everywhere.
 The jar was gray and bare.
 It did not give of bird or bush,
 Like nothing else in Tennessee.

 

 

 

ldernelder

Wallace Steve
日本語訳

壺の逸話   Wallace Stevens

壺をテネシーに置いた
その壺は丸るかった 丘の上に置いたのだ
壺は、丘を取り巻く自然をだらしないものにした

自然は壺に近づいて
ばらけて広がった もう自然ではなかった
大地の上にある壺は丸かった 
そして壺は高くて、空に向かう開口部があった

壺はいたるところで領有権をもった
壺は灰色で無地であった、
小鳥たちや木々には役に立たない
こんなものは今までのテネシーにはなかった

解釈

この詩は世界中でかなりの人々に読まれているようですが、読む人によってその解釈にかなりの差があるようです。

解釈によって、日本語の訳しかたも変わってくると思います。

壺(the jar)と自然(Wilderness)を、産業と自然と捉えるか、異種宗教間との争いか、白人と原住民との争いと捉えるかによって意味がかなり変わってきます。

解釈の大きな違いは、壺と自然の関係を対立的なものみるか、共存的なものとみるかだと思います。

対立的なものとみれば、a port in airのportは開口部(銃砲の口)と取れますし、友好的なものとみれば、a port in airのportは、空気の中の港(haven)ととることもできます。

前者(対立的なもの)として捉えるならば、近代化されたアメリカの産業(jar)が自然(Wilderness)を自然でなくしていることを嘆いている詩と捉えられます。

 

作者  Wallace Stevensについて

Wallace Stevens(Octoberr 2, 1879-August 2, 1955)はアメリカの詩人、法律家、保険会社役員。

ペンシルベニア州で生まれ、Harvard, NewYork Law Schoolで教育を受けた。

詩を読んでの感想
私は、当初the jarとwildernessとの関係を友好的関係とみて、the jarがwildernessを守っているととって、portをhaver(避難所)の意味にとっていましたが、色々な人の日本語訳を見ると対立的関係とみているようです。

 

 

 

Brexit (英国はどこに行くのか) (2020.02.11掲載)

 2020年1月31日午後11時(日本時間2月1日午前0時)に欧州連合(EU)から離脱した。ジョンソン首相は、「これは大きな希望の瞬間、実現しないと思っていた瞬間だ。」と自負したが、「これは終わりではなく、始まりだ。」とも語った。

 確かにこれは「苦難の道のり」の始まりかもしれない。

(1)国の分断

 英国のEU離脱を悲しみ、再びEUに加盟する日を夢見ている国民も多いようだ。連合王国(Great Britain)を構成するスコットランド、ウエールズ、北アイルランドの自治議会は、いずれも離脱に反対する方針をとっている。

(2)経済的マイナス

 英国とEUは今後自由貿易協定を含めた交渉を始めるが、EUは英国の「いいとこ取り」を許さない姿勢を示しており、もし話し合いがつかない場合は「合意なき離脱」の苦境に陥り、その場合、経済面で大きな打撃を受けることになる。

                   

 

 

 

 

上田高校の校門とお濠 (2020.01.30掲載)

私の卒業した高校は長野県立上田高校で、校門は歴代上田藩主屋敷門で、その両側には濠がありました。私たちはこの門と濠を誇りに思っていました。

同窓会の幹事を務められている山口正義さん、中沢賢さんから次のようなメールを頂きました。濠が奇麗になることを期待しております。

「本日(2020129)、信濃毎日新聞社会面に4分の1のスペースを割いて、上田高校校門(歴代上田藩主屋敷門)前両脇の堀の整備の記事が掲載されました。上田高校同窓会120周年記念事業の一環として行われている工事です。

同窓会の力で、門にふさわしい澄んだを水を湛える堀が実現しそうです。」

                           

 

写真:Wikipedia ”長野県県立上田高校”より

 

 

 

 

 

イギリスの総選挙に思う (2020.01.05掲載)

2019年12月13日ロンドン西部の開票センターで、自身の選挙区での勝利を受けて演説をするジョンソン首相(ロイター)

 12月12日投開票のイギリス総選挙は、ジョンソン首相率いる与党・保守党が第1党を維持して、単独過半数(326)を大きく超える365議席を獲得した。これにより2020年1月末のイギリスの欧州連合(EU)からの離脱がほぼ決定的となった。

 他の国の政治、経済に他国の者が口をだすのは良くないとは思うが、この選挙結果について私は次のような感想を持ちました。

 保守党がEU離脱を指示をしていることは分かっていましたが、総選挙の結果が離脱の流れを食い止めることを密かに期待していました。でも、結果は私の期待を裏切るもので、一般の人たちの多くは離脱を支持していたことを知って愕然としました。

[イギリスがEUからの離脱を求めたのは]

(1)大英帝国として?世界をリードしてきたイギリスは、ドイツ、フランス主導のEUについていきたくなかった。EUに加入する時にもイギリスはぐずぐずしていたし、加入後もユーロには移行せずにポンドを維持したいた。

(2)EUかの法的規制から逃れたい。
難民、移民の受け入れによりイギリス人の職場が奪われている、移民の社会保障費を負担しなければならい事に対する不満。何故か、移民二世におる犯罪が最近増えているそうだ。

 

 

海外旅行記 (2019.10.20掲載)

高校時代の同級生金子尚武さんは数多く海外旅行をされてその様子を詳しく記録され、さまざまの写真と共にブログに掲載されています。そのブログも廃止されるとの連絡を受けました。残念なので、その一部("ヨーロッパ3大北壁アイガー峰")を私のサイトに掲載させていただくことにしました。

添付のPDFファイルは金子尚武氏のブログの一部です。このブログを見ていると、実際に自分の足で、アルプスのユングフラウに登った気分になります。

"ヨーロッパ3大北壁アイガー峰"

 

八方尾根 白馬三山 (2019.08.18掲載)

宮坂佐稚朗さんが八方尾根 白馬三山の写真を送ってくれました。

撮影 宮坂佐稚朗氏 (2019.08.06) 

八方尾根

タテヤマウツボグサ

撮影 宮坂佐稚朗氏 (2019.08.06) 

八方尾根

ミヤマアズマギク

撮影 宮坂佐稚朗氏 (2019.08.06) 

 

ボリス・ジョンソン英国新首相とトランプ大統領(2019.07.28掲載)

英国のEU離脱については、2016年の国民投票での離脱賛成の決定がなされた時にも少なからぬ衝撃を受けましたが、ボリス・ジョンソン前外相が英首相に就任することにも大きなショックを受けました。国民投票の再度の実施などによって英国がEUに留まることを密かに期待していましたが、ジョンソンの首相就任によって恐らくこのことは無理になったように思われます。合意なき離脱をも辞さないジョンソン首相によって益々離脱に拍車がかかることと思います。

何故イギリスの人々はEU離脱への道を歩んでいるのか。常々疑問に思っていました。

第三者からみて、離脱のメリットもありますが、マイナス面がメリットを上回っているように思われます。日本の企業も生産拠点を英国から他の国に移そうとしています。

英国がBrexitに向かう理由

(1)離脱のメリットはいろいろあると思いますが、根底には次のようなことがあるのではないでしょうか。1.英国は独立心が強く、他国からの干渉を受けたくない。自国が主導権を取りたい。

EUに加入してからでも、貨幣としてユーロを使わずに、ポンドを使っていた。避難民の受け入れにも難色をしめしていた。

(2)ドイツ、フランス誘導的なEUにはついていきたくない。

(3)第一次、第二次世界大戦でのドイツの蛮行が英国人の心のなかにトラウマとして残っているのではないか。

ジョンソン新首相は風貌といい、今までの言動から見て、トランプ米国大統領と似たところがあります。「米国第一」を掲げ国際協調を軽視するトランプと重なるところがあります。この二人によって世界が振り回されるのでないかと心配になります.

良き英国を残しつつ、英国が変わっていくことを願っています。スコットランドの独立とか北アイルランドのアイルランドへの併合などは考えたくありません。

コシノコバイモ(2019.06.17掲載)

高校時代の同級生石田益雄さんが、同じく同級生の宮坂佐稚朗さんかの撮影したコシノコバイモの生態写真を送ってもらい絵画にして、皆に送ってくれました。その美しさに惹かれて掲載させていただきました。

石田益雄氏描く

 

 

 

 

 

高校時代の友人小林茂昭さんが、ご自身の書「薫風」を送ってくれました。ご本人の書はいつも私に、感動と勇気と希望を与えてくれます。
小林茂昭氏書 

 

雪の山、山の花(2019.04.20掲載)

高校時代の同級生宮坂佐稚朗さんが「五竜岳」、「白馬三山」、「山の花」の写真を送ってくれました。余りの迫力感、美しさに目を奪われてしばらく眺めていました。

撮影:

宮坂佐稚朗氏

(2019.04.16)

 

撮影:

宮坂佐稚朗氏

(2019.04.16)

撮影:

宮坂佐稚朗氏

(2019.04.18)

 

平成最後の満月(2019.04.19掲載)

本日は平成最後の満月でした。ずるをして外での満月撮影は止めてNHKの7時のニュースで済ませました。(写真:NHKニュースより)

 

NHK海外ドラマ(2019.04.02掲載)

刑事フォイル 4月6日スタート 毎週土曜日 16:30〜

1945年、イギリス。人々を苦しめてきた戦争がついに終わり、新しい時代が幕を開ける。だがナチス・ドイツの残党やソ連のスパイが暗躍し街には復員兵や戦争捕虜があふれ、加えて物資の不足が蔓延・・・人々が平穏に暮らすのにはほど遠いものだった。戦争がもたらした苦しみや悲しみ・・・それでも人はなお罪を犯すのか?フォイルは、一人の人間としてゆるぎない信念を持ち、次々と起こる事件に真摯に立ち向かう!

やがてフォイルは警察の職を退き、活躍の場を「M15」(イギリス情報局保安部)へと移すことに・・・。

本作の企画・脚本アンソニー・ホロヴィッツ。小説家・脚本家として活躍するホロヴィッツは、コナン・ドイル財団公認「シャーロック・ホームズ」の続編「絹の家」「モリアーティ」やイアン・フレミング財団公認のジェームス・ボンドシリーズ「007逆襲のトリガー」を執筆。また、テレビドラマ「名探偵ポワロ」「バーナビ警部」などの脚本も手掛けている。
NHK ホームページより

写真:NHKホームページより

(39)(新)「帰れぬ祖国」 2019年4月6日(土) 16:25-18:00  NHK BS プレミアム

長い戦争が終わり、イギリスに残っていたロシア軍の捕虜が送還されることになった。そんな中。ロシア人捕虜2人が脱走し、1人は自殺、もう1人は行方をくらます。母国に帰れることを喜ぶはずの2人に何があったのか? フォイルはイギリス軍の上層部から脱走兵の捜索を直々に求められるが、1人の脱走兵のために躍起になっている軍の意向に疑問を抱く。(NHKホームページより)

(40)「差別の構造」 2019.4月13日(土) 16:25-18:00 NHK BS プレミアム

実業家や経営者が集まる会議にフォイルが招かれる。イギリスに駐留するアメリカ軍の中で、引きあげを待つ白人兵と黒人兵との衝突が目立つようになってきたという。アメリカ軍は一時的な人種を分ける措置を提案してくるが、フォイルはその措置に嫌悪感を示す。一方、アダムが経営する下宿に若い女性が宿泊していたが、彼女は黒人兵との間に子どもをもうけていた。(NHKホームページより)

 

(41)「反逆者の沈黙」 2019.4.20日(土) 16:30-18:00) NHK BS プレミアム

大逆罪に問われ、裁判で有罪になれば死刑が確定するジェームズ・デベロー。彼は旧家の出でありながら、ナチスに加担する組織「イギリス自由軍団」に入隊していた。そのニュースに関心を持ったフォイルは、彼と面会する。フォイルはジェームズに何か隠された事実があると感じる。一方、ミルナーは若い女性が殺された事件を捜査するが、その女性の雇用主はジェームズの父親だった。(NHKホームページより)

 

(42)「新たなる戦い ] 2019.4.27(土) 16:30-18:00) NHK BS プレミアム

1945年7月。アメリカで人類史上初の核実験が行われた。実験には物理学者のフレーザーはじめ科学者たちが立ち会う。その一年後、フォイルの前にMI5職員のヒルダ・ピアースとバレンタインが現れ、「エタニティ・リング」と呼ばれるソ連のスパイ網について調査してほしい、と依頼される。彼らが目をつけたメンバーの中にフレーザーが、さらにフレーザーの秘書としてサムが雇われていた。 (NHKホームページより)

 

(43)「エヴリン・グリーン」2019.5.4(土) 16:30-18:00) NHK BS プレミアム

MI5が保護していたソ連からの亡命者が次々と殺害される。上層部はフォイルに、亡命者の情報を誰が漏らしていたのか突き止めるよう指示。その後、外務省勤務で亡命者との連絡係をしていた「エヴリン・グリーン」という女性が失踪していたことがわかる。同じころ、選挙活動で町を回っていたアダムは、ある女性から娘が帰ってこないと相談される。娘の名は「エヴリン・グリーン」だった。 (NHKホームページより)

 

(44)「ひまわり」2019.5.11(土) 16:30-18:00) NHK BS プレミアム

元ナチス親衛隊将校のカール・シュトラッサーは、ソ連のスパイ網に詳しいという理由で、戦後、イギリスに保護され、偽名を使って生活していた。彼は何者かに命を狙われているとMI5に訴えてきた。上司からの命令を受けフォイルは調査を開始する。そんな中、シュトラッサーの部屋に何者かが枯れたひまわりの花を置いていく。「ひまわり」は彼にとって重要な意味を持っていた。 (NHKホームページより)

 

(45)「ハイキャッスル」2019.5.18(土) 16:30-18:00) NHK BS プレミアム

ロンドンの公園で大学教授の他殺体が見つかる。彼の胸ポケットにはアメリカの石油会社会長の住所が書かれた紙が入っていた。その人物はイギリスの中東政策に欠かせないパイプ役で、MI5にとっては貴重な人材だった。彼が事件に関与していないことを証明するよう、フォイルは命じられる。しかし調査を進めていくと、被害者の不審な行動が浮き彫りになる。(NHKホームページより)

 

(46)「エルサレムの悲劇2019.5.25(土) 16:30-18:00) NHK BS プレミアム

エレサレムのホテルで爆破事件が起き、多数の死者が出た。ユダヤ人過激派組織の犯行だった。この事件がイギリスの世論に影響を与え、不穏な空気が強くなる。そんな中、あるユダヤ人の学生が二人組の男に襲われる。彼の父親は裕福な実業家だったが、なぜか息子のことを警察に届けようとはしなかった。同じころロンドンでは中東和平を話し合う会議が予定されており、MI5は警備に神経をとがらせる。 (NHKホームページより)

 

[終](47) 「エリーゼのために」2019.6.1 16:30-18:00 NHK BS プレミアム

ヒルダが若い男に銃撃される。犯人は「エリーズのかたきだ」という言葉を残す。かつてヒルダは“エリーズ”というコードネームの女性工作員を採用していた。一方、闇市で莫大な利益を上げている男が、ソ連のスパイとも通じているとの情報をつかんだMI5は捜査に乗り出す。アダムは、ロンドンの街中で堂々と闇市が行われていることについて警察に相談をするが…。 (NHKホームページより)

 

 

山本先生の退官(2019.03.11掲載)

2012年度、2013年度の2年間にわたり東大教養学部の聴講生として講義に出ました。その時大変お世話になりました英文学の山本史郎教授がこの3月に退官することになりました。3月9日に先生の最終講義、祝賀会がありました。残念でしたが、私は出席できませんでしたので、先生にはお礼のお手紙を出しましたら、先生から丁重なお手紙をいただきました。
2013.09.08先生宅にて  先生のお宅にお招きいただき、奥様の手料理の御馳走を頂きました。英文学の話、いろいろな話に花がさきました。

平成31年3月9日

山本史郎先生


若く見えられた山本先生がもう退官されるとお聞きし、びっくりいたしております。最終講義、記念祝賀会には出席のお返事を出しましたが、やむを得ない事情により欠席しなければならなくなってしまいました。事務局にはご迷惑をかけないように会費を郵送させていただきました。
2012年度、2013年度に先生の授業に出席させて頂きました。(2012後期 専門英語5(19世紀ビクトリア朝の思想家の文章講読)、2013前期(言語文化横断論)、2013後期(Charles DickensのBleak House講読)
先生の授業に出させて頂き、先生の英文翻訳の正確さ、分かり易さに魅了されると同時に英文の翻訳の難しさをしりました。そんなことで、3学期連続で先生の授業に出させていただきました。先生の著作、翻訳につきましては、「東大の教室で赤毛のアンを読む」、「名作英文学を読み直す」、「東大講義で学ぶ英語パーフェクトリーディング」、「完全版赤毛のアン」等を購入して読み漁さりました。


まだまだ先生の授業に出たかったのですが、2014年度以降教養学部の聴講生制度がなくなりましたので、やむなく退学いたしました。
2年間ではありましたが、先生の教えは、その後の私の英文講読に役立たせていただいております。

 2013年の秋に先生のご自宅にお招き頂き、感激すると同時に楽しい時間をすごさせていただきました。私だけではなく学生さんたちも楽かったようです。ついつい、かなり遅くまでお邪魔してしまい恐縮しておりました。奥様もさぞかし大変だったと思います。奥様にも呉々も宜しくお伝え下さい。

これからも、翻訳の世界で、教育の世界で先生がご活躍されますようにお祈り致しております。

                     聴講生  菊島 和宜

 

菊島和宜 様
                                       3月11日


すっかりご無沙汰していますが、お元気にお過ごしのことと存じます。このた
びは私の最終講義並びにパーティの件で、過分のお心遣いをちょうだいし、恐
縮しています。聴講生の制度がなくなってお会いできなくなったのは、私の方
もとても残念でした。

このたび、定年より1年早く退職し、昭和女子大学にお世話になることになり
ました。親切な同僚が記念の行事を行ってくれることになりご案内いたしまし
たが、おいでになることができずとても残念でした。お心遣いに深く感謝いた
します。

お手紙に印刷してくださった写真、実は、講義の日に配った資料のなかの、履
歴と業績をまとめた冊子に使わせていただきました。後日この日の資料を送ら
せていただきますのでご覧いただければ幸いです。

またお会いする機会があれば嬉しいです。
どうかお体に気をつけて、健やかにお過ごしくださいますよう。

山本史郎

 

山本先生の最終講義では多くの資料が配布されました。その中に先生の経歴の冊子がありました。その冊子の一部に先生のお宅にお邪魔した時私が撮影したが入っていました。光栄に感じました。

その冊子はこちらから

 

Kazoshi Kikushima

 

 

 

 

 

 

移住50年目の乗客名簿(2019.02.03掲載)

第3回 2019.01.26 NHK Eテレにて放映

第4回 2019.02.02 NHK Eテレにて放映

 

高校時代の同級生黒川次郎氏(NHKOB)よりこの番組放映の紹介を受けました。

このドキュメンタリーは相田洋氏(NHK)制作・編集のドキュメンタリーです。
相田洋氏は1968年に「ある人生」で企画したあるぜんちな丸によるブラジル移民を取材した「乗船名簿AR29」で文化庁芸術祭奨励賞を受賞。その後も1978年に「移住10年目の乗船名簿」、1988年に「移住20年目の乗船名簿」、2000年に「移住31年目の乗船名簿」と乗客を10年ごとに追跡取材し、相田氏のライフワークとなった。(Wikipediaより)

今回の「移住50年目の乗客名簿」は移住後50年間の何組かの姿をえがくスケールの大きなドキュメンタリーだと思いました。

成功を収めた家族もあったが、天候、経済政策の変化、病魔、騙された等苦労に見舞われた家族もあった。すでに亡くなってしまっていた人もおられ、50年という時の長さを感じました。

 

 

 

このドキュメントを制作・編集された相田洋氏。

昭和43年に南米に移住した家族を50年間にわたって取材した大規模なドキュメンタリーでした。相田氏の卓越した構想。辛抱強さには敬服いたしました。

今回の取材では、同行のカメラマンが同行できず、相田氏がインタビューに加えて、自身でカメラマンも務めるられたとのこと、そのバイタリティーにはびっくりしました。

 

相田洋氏 (NHK放映)  

 

友人の死(2018.07.29掲載)

赤ちゃんの生まれることはうれしいことだが、人の死は悲しい。友達が少しづつ亡くなっていくのは悲しいことです。7月26日に小学校、中学校、高校時代の同級生真道(長崎)茂さんが亡くなったとの訃報を受け取りました。中学時代の写真を取り出して、真道さんを忍んでいます。

この写真は、中学時代に長野県上田から江ノ島に修学旅行に行った時のものです。真道さんは2列目の向かって左から4人目にいます。彼は2列目の一番右にいる美人といつの間にか結婚していました。その彼女も何年か前に亡くなったとのことです。人生の無情さを感じます。

https://www.youtube.com/watch?v=LM0sRxTxdjk

https://23.gigafile.nu/0214-o046d7b9f4bf4f2025bd65ae087dc6120

暑い(2018.07.15掲載)

今年は梅雨が早くあけたせいかいやに暑い日が毎日続く。家に来る野良猫もなぜか動きが鈍い。
2018.07.14撮影

 

級生からの写真(2018.07.01掲載)

高校時代の同級生 宮坂佐稚朗さんが霧ヶ峰の写真を送ってくれました。これらの写真に感銘を受けましたので、掲載しました。
2018.06.19(宮坂佐稚朗氏撮影)霧ヶ峰 レンゲツツジとコバイケイソウの群生
2018.06.25(宮坂佐稚朗氏撮影)霧ヶ峰 コバイケイソウの群生

安倍総理TIME誌「最も影響力のある100人」に選出(2018.05.6掲載)

TIME誌(April 30, May 7合併号)で「 世界で影響力のある100人」に選ばれた。その他の人としては、アメリカトランプ大統領、中国習近平国家主席、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長、韓国文在寅大統領などが挙げられている。日本からは安倍総理の他に孫正義氏が選ばれている。

オーストラリア首相MALCOLM TURNBULLからのメッセージ

 

日本の復興者

 

安倍晋三の自信に満ちたダイナミックなリーダーシップは、2012年12月首相になって以来日本の経済と繁栄を復活させた。政治家として、弾力性と実際的なものを兼ね備え、我々の地域の繁栄と安全は規則に基づいた国際秩序を保持し発展させることに依っていることを認識している。強力で卓越した世界の指導者の中で彼は粘り強く勇敢である。

しかし、彼は同時に柔軟性があり、人の意見を注意深く聞き、そして常に人の意見を進んで受け入れている。このことは、アメリカの撤退後見通しが暗かったTPPを蘇えらせたことに如実に示されている。彼はぶれることなく、3月にオーストラリア、日本を含む11カ国はTPP-11に調印した。

安倍晋三のリーダーシップの下にある日本は、オーストラリアにとってかってないほどに密接な協力者になった。

私は大いに彼の友情と賢明な助言を評価します。

 

 

 

BS世界のドキュメンタリー(2018.04.21掲載)

ss放送予定
題名
内容
2018.04.24(火)0:00 ヒトラーは"ジャンキー"?

ヒトラーの主治医モレルの日誌には、ナチス総統が薬物を常用し麻薬の依存症に陥っていく過程が記録されていた! ナチス・ドイツ の"暴走"は、麻薬によって加速したのか?

ドイツで2016に出版され、世界の注目を集めた「第三帝国"薬中"の真実」。番組は、著者ノーマン・オーラーの調査を元に、ヒトラーが薬漬けになっていく過程とドイツの興亡を新たな視点で描いていく。第二次世界大戦開戦の頃のメタンフェタミン。米国の参戦後、不眠症を訴えたヒトラーが手を出したオイコダル(オキシコドン)という鎮痛・麻薬作用のある"劇薬"・・・日誌には、ヘロインやモルヒネの文字も!

原題:Hidden History Hitler The Junkie

制作: OUTSIDE FILMS (フランス 2017年)

以上NHK ホームページより

コメント

ヒトラー(映像NHK)
モレル医師(映像NHK)

 非常に興味深く拝見しました。

 ヒトラーが薬を使っていたことを何かの機会にみたことがありますが、これほどまでにヒトラーの薬物依存症について詳細に述べたものは見たことはありませんでした。又ヒトラーに薬を与えた主治医モレル医師の存在は私は知りませんでした。

 このドキュメントはモレル医師の診療記録にもとずいて構成されています。

 今までヒトラーのあのバイタリティーはどこからきたのか、不思議に思っていましたが、その原因の一つに薬の影響があったことが理解できました。学者によって、薬物依存症が世界を恐怖に陥れたヒットラーの暴挙の一因とするには、賛否両論があると思いますが、薬物依存症に原因の一端があったとすれば、多くの人々を犠牲にした大惨事の悲惨さを許すことができません。

 当時のヒトラーの頭の構造を科学的に検証する試みがなされているようですが、ヒトラーの遺体(骨)は現在はロシアにあるようで、ロシア政府の協力が必要のようです。

 少しでも研究がすすむことを期待しています。 (2018.04.24 4:10a.m.記載)

 

2018.04.25(水)0:00 ダス・ライヒ〜ヒトラー 死の部隊 (前編)

ナチスのエリート部隊「第2SS装甲師団」。大量虐殺に手を染める一方で、民衆の抵抗運動に苦しめられた部隊の全貌を、新たに発掘されたアーカイブス映像でカラー化した。

前編は元はヒトラーの親衛隊として発足し、知力・体力に優れた青年を集めて訓練や教育を施し、ドイツ国民の"尊敬の象徴"だった「ダス・ライヒ」が、第二次世界大戦の過程でいかに変容していったのかを追う。兵士が集まらなくなり、ハンガリーからも徴兵。フランスに展開するとレジスタンスの反撃に苦しむ。略奪行為を繰り返すなかで、"世界史に残る汚点"オラドウール・シュル・グラヌ村での女性や子供の虐殺にいたる・・・・

原題: Das Reich : :Hitler's Death Squad

制作: Nilaya Productions (フランス 2015年)

NHK ホームページより

コメント
表題(映像NHK)
親衛隊の新兵(映像NHK)
17歳の若い親衛隊(映像NHK)

恐ろしいドキュメントでした。

ダス・ライヒ(我が祖国, Das Reich) は有能な若手を集めたナチスの強力な組織、体制であった。当初はドイツ国民の尊敬の対象であったダス・ライヒが、ドイツの 戦局の悪化とともに暴力的行動をとっていく。
新兵募集にも事欠いて、同盟国ハンガリーなどからも新兵の募集を行った。

数々のダス・ライヒの暴挙についての生々しい映像が展開され、目を覆いたくなります。

これに対してスランスでのレジスタンスは果敢に抵抗を挑みます。私が関心をもったのは、このレジスタンスを援助したのが、イギリスの諜報組織のメンバーだったことです。

一般人たちに対する見せしめのための処刑等、良くこれだけの映像がそろっているものだと感心しました。

後編では、このイギリスの情報部員の話がでてくるようなので、期待しています。 (2018.04.25 3:05a.m記載)

2018.04.26の(木)0:00 ダス・ライヒ〜ヒトラー 死の部隊 (後編)

"我が祖国"(Das Reich)と言うナチスのエリート部隊の全貌を、新たなカラー化映像で。後編は、フランスのレジスタンスや英国の諜報部員の物語も織り交ぜて"死の部隊"の実像に迫る。

第2SS装甲師団「ダス・ライヒ」へのレジスタンスを物資や戦略面で支えた諜報員の一人が英仏ハーフのバイオレット。夫が戦死し、幼い娘を英国に残して作戦に加わったが、捕らえられて最期を迎える。ノルマンディー反転攻勢に失敗したダス・ライヒは独仏国境まで撤退。常道を逸した虐殺行為や、レジスタンスの決死の戦い、収容所の非人道的な生活・・・・発掘映像を修復・カラー化して、リアルな戦争のの現実を伝える。

原題: Das Reich : :Hitler's Death Squad

制作: Nilaya Productions (フランス 2015年)

NHK ホームページより

コメント
表題(映像NHK) SOE(イギリス)の工作員ヴィオレット・サボー。 1945年2月ドイツに捕らえられ処刑(ドイツ降伏の3か月前)(映像NHK) サボーの娘アニア。イギリスとフランスから贈られた勲章を受け取ります。(映像NHK)

ドキュメントを見ていて私の思考は本題から離れてしまった。

イギリスの諜報機関(SOE)の女性工作員ヴァイオレット・サボーの存在だった。本題ではないので、イギリスの諜報機関がどのように大戦に関わったかは分からなかったが、フランスでレジスタンスの手助けをやっていたようだ。又彼女の役割も不明であったが、同じ収容所に捕らえられた女性工作員の一人が無線技士であったので女性の役割としてそんな仕事もあったのだと思う。サボーはダス・ライヒにより逮捕されて、1945年2月に処刑されたという。それは、ドイツ降伏の3ヵ月前であり、彼女は勝利の喜びを味わうことはできませんでした。彼女の夫も戦死したようです。サボーの帰りを待っていたほ娘のタニアは、イギリス、フランスから母に贈られた勲章を受け取って誇らしげに胸に掲げている写真は印象的でした。

更に感想は脱線してしまうが、諜報活動というとどうしてもイギリスの作家John le Carreの小説を思い出してしまいます。le Carre は、大戦中及びその後の冷戦時代のイギリス諜報部員の情報収集活動を扱っていますが、単なる情報収集活動だけに留まらず、情報収集活動の為には、妻、子供、恋人などを犠牲にしなければならないという宿命を巧みに描いております。

娘をイギリスに残して作戦に参加したサボーの心情について私はいろいろと心を巡らしています。(2018.04.26 3:00a.m.記載)

2018.04.27(金)0:00 走る要塞 ヒトラーの専用列車

15両編成で、対空砲や最新の通信設備を備え、総統が好んだ水洗式トイレや美容室まであったヒトラー専用の装甲列車。移動式軍事司令部ともなった特別列車とはーーー

その名が皮肉にも「アメリカ号」。長さ430メートル、総重量1,200トン。SS部隊のエリート兵士が列車内を防護し、移動時には、軍が線路脇に待機して橋やトンネルをを重点的に警備。ヒトラー暗殺計画を防ぐため、ナチスは列車を深い森に潜ませるが、"要塞"の中でヒトラーは孤立を深めてゆく・・・当時の世界最新鋭の列車をめぐる、知られざるナチス史からのぞく、ヒトラーの新たな素顔とは?

原題: Hitler's Steel Beast

制作: 909 productions (フランス 2016年)

NHK ホームページより

コメント
表題(映像NHK) ヒトラー専用車 通信室、親衛隊専用の車両等あらゆるものが整えられた動く会議室、指令室であった。(映像NHK) 専用車はいろいろな種類の2台機関車に牽引されたが、BR52が多く用いられた。(映像NHK)
 

この編は予想通りの展開であった。

面白かったのは、この専用列車は15台もの車両で連結されており、そこには会議室、指令室は勿論のこと風呂、美容室、親衛隊用の車両もあったようだ。

列車の名前の付け方も面白い。最初は皮肉にも「アメリカ号」と名付けられたが、これはアメリカが原住民を征服していったことをイメージしているようだ。その後この列車は「ブランデンブルグ号」→「総統特別列車」に改名されたようだが。

又、ヒトラーに見習ってドイツの他の要人たちも自分達自身の専用車を持つようになりその数は25に及んだという。(2018.04.27 3:00a.m.記載)

桃太郎(2018.02.22掲載)

近所の家で犬を飼いました。既に一匹飼っているのですが、動物を大事にするお宅です。家の近くにいる野良猫の世話もしておられます。

今度の犬は柴犬で生後2ヵ月ぐらいだそうですが、段ボールに入れられて捨てられていたそうです。それを里親探しの獣医さん経由で連れてきて飼い始めています。

川から流れてきたという意味で「桃太郎」と言う名前を付けたそうです。

とてもかわいかったので抱かせてもらい写真を撮りました。

元気にすくすくと育つことを祈っています。

 

 

野良猫トラが亡くなったかも(2018.01.28掲載)

近くに住んでいた野良猫のトラがいなくなりました。1月13日に1週間ぐらいいなくなったので、近所の人と探しましたが、見つかりません。もう20才を過ぎた老猫なので、身を隠してどこかで死んだのではと皆さんと話しています。

夜中に餌をもらいにやってきました。

2017.11.12撮影

私の家の玄関に餌をもらうのを待っています。

2017.12.30撮影

トラをとった最後の写真です。私が出かける時、途中までついてきました。

2018.01.06撮影

一方野良猫チビは元気です。

最近では家の中に入ってきて寝るようになりました。

2017.12.18撮影

 

アメリカで出版された暴露本(2018.01.08掲載)

アメリカでMichael Wolffという人によって書かれた、トランプ政権の暴露本が発行されて話題を呼んでいるそうです。

いずれ日本語の翻訳も出ると思いますが、とりあえず、英語版を注文しました。

楽しみにしています。

 

中学時代からの友人村上武さん逝去(2017.11.18掲載)

中学、高校時代からの友人村上武さんが逝去されました。(11月16日21:33)

同年齢の古くからの友人の死は、悲しいものです。

中学時代にはプラスバンド部で一緒でしたし、報道部で新聞の発行をしましたし、高校時代は同じクラスでした。

ご冥福をお祈りいたします。

中学時代の村上武さんの写真です。プラスバンド部でクラリネットを吹いていました。

 

浅間南麓こもろ医療センターの新築(2017.11.12掲載)

高校時代のクラスメートの小林茂昭さんが病院長を務められた、小諸厚生病院が名前と場所を変えて、新築されたとのことです。新しい名前は浅間南麓こもろ医療センターだそうです。まずその名前が気に入りました。同病院のスローガン(医療活動を通じて住民と病院がともに考えて健康で豊かな地域づくりに取り組む)をよく表した名前だと思いました。

更に感服いたしましたのは小林茂昭さんが書かれた「医療は住民のもの」という題字のすばらしさでした。勝手にここに掲載させていただきます。

小林茂昭さん撮影

 

 

村上武さんの闘病(2017.11.10掲載)

中学時代からの友人、村上武さんが癌のため闘病生活を送っています。苦しんでいます。しかし、彼は、まだやりたいことがあると言って頑張っています。私はこの彼の頑張りに感銘を受けます。一日も早く回復されることを祈っています。

アルプスの紅葉を見たいという彼の希望にそって、何人かの友人が写真を撮ってきてくれました。彼らのやさしさしさを感じます。村上さんもこの写真を見て元気になってください。

私もこの写真に感激しましたので、以下に掲載させていただきます。

 

宮坂佐稚朗氏撮影
宮坂佐稚朗氏撮影
宮坂佐稚朗氏撮影
 
宮坂佐稚朗氏撮影

 

上田一中時代の写真(2017.10.08掲載)

私の中学時代は上田市立一中に通っておりましたが、プラスバンド部と報道部(主な仕事は学校新聞発行で3年生の時のみでしたが)に所属していました。中学、高校時代の級友村上武さんが当時の写真を送ってくれました。つい懐かしくしばらく見つめていました。

これらの少年少女も今では80才前後です。時が駆け足 で走っている無情さを感じています。

中学時代プラスバンド部に所属していました。その時の集合写真です。

私は小バスを持っています。(2列目向かって左から2番目)

古い校舎が目立ちます。

写真提供:村上武氏

中学3年生の時報道部にいました。

この写真の後列向かって左から顧問の竹内先生、菊島、村上武君です。

つい懐かしくHPにアップしました。

写真提供:村上武氏

 

テレビ番組を見て

放送日
題名
感想文掲載日
2017.09.21(木) 0:00-0:50 NHK BS1 世界のドキュメンタリー(歴史のまやかし「世界最大の謀略作戦」)大胆な作戦成功の舞台裏に迫る    
   
2017.09.20(水) 0:00-0:50 NHK BS1 世界のドキュメンタリー(歴史のまやかし「豪華客船ルシタニア沈没の真実」)乗客の証言、新事実 鑑賞前 2017.09.17
鑑賞後 2017.09.20
2017.08.31(木)20:15〜 NHK 総合 所さん! 大変ですよ (戦場で見つけられたビール瓶 何につかわれたのか?)  
2017.08.29(火) (前編) & 2017.08.30(水)(後編) NHK BS 世界のドキュメンタリー ヒトラー  
2017.08.24(木)(前編) & 2017.08.25(金)(後編) NHK BS 世界のドキュメンタリー アフターヒトラー 2017.08.25
2017.07.15再放送 NHKBSプレミアム刑事フォイル 2017.07.15
2017.06.07 NHK BS 〈鷲とライオンーヒットラーVSチャーチル) 2017.06.07
2017.03.19 NHK BS 失われた大隊 2017.06.07

 

 

オオタカのヒナの生存競争(2017.08.14掲載)

高校時代の同級生滝沢義信さんがオオタカのヒナの生存競争の動画を送ってくれました。この写真は、動画の一部を静止画にしたものです。同じ兄弟でも餌が少ない時には、争って強い方が一羽だけ生き残るのだそうです。恐ろしく、悲しい物語です。これが動物の生存競争なのでしょうか。写真撮影:滝沢義信氏

 

高校の同級生の一人がNHKのBS放送予定の次のものを紹介してくれました。

BS世界のドキュメンタリー

「鷲とライオン ヒトラー対チャーチル」

放送チャンネル NHK BS

放送日

前編 6月6日(火) 0:00〜 0:48

後編 6月7月(水)0:00〜0:48

期待しています。

見てみないと内容は分かりませんが、この題名を見て、数年前に読んだ歴史家Tony Judt の”Post War " ('History of Europe Since 1945) で、Judtが、物質的充実を追って、ヨーロッパが統合の道に入っていったことに危惧感を持っていたことを思い出しました。

昨今のイギリスのEU離脱などは、この時代のヒトラーの暴挙がヨーロッパ人の心の中にトラウマとして残っているのではないか、と勝手な想像をして、楽しみにしています。

 

アジサイの季節(2017.06.06掲載)

2017.06. 06撮影

 

アジサイの季節(2017.05.29掲載)

まもなくアジサイの季節がやってきます。

この列2017.05.29撮影 この列2017.06.04撮影

 

ネコジャラシ草と猫(2017.05.29撮影)

庭にネコジャラシ草が茂りました。 ネコがくつろい0て居ました。 ネコジャラシを見せるとネコは飛びついてきました。

 

バラが咲いた。(2017.05.20-22掲載)

2017.05.20撮影 2017.05.21撮影 2017.05.22撮影

 

2017.05.18撮影 2017.05.19撮影

 

バラが咲いたl。(2017.05.09掲載)

今年もバラの花がきれいに咲きました。

 

チビ(2016.10.21掲載)

チビが部屋に入ってきて餌を食べるようになりました。膝の上にのせて、写真を撮ってもらったら、肝心の猫が写真から外れていました。2枚合成してi枚の写真です。

 

荒れ果てた庭(2016.09.27掲載)

5月と9月に撮影した庭の風景です。5月のものは草も未だ茂っていませんが、現在のものは草に覆われて足の踏み場もありません。今年も草に負けました。
2016年5月29日撮影 2016年9月27日撮影

ハクビシン(2016.09.07掲載)

ハクビシンが家の庭にやってきて、猫にやった餌を食べていた。かわいいけど、家に住みつかれると大変らしい。それに、日本では飼ってはいけないとのことだ。

 

TIME US EDITION (2016.09.04掲載)

11月の米国大統領選挙まで、TIME誌のUS版を購入することにした。

参考までに、同じ号のAsian 版も購入してみたら、内容はほとんど同じだが、表紙が違っていた。(この号はオリンピック開催前のもの。)

中国や韓国で発売されるAsian 版の写真は別のものを使用しているのであろうか。

I began to read TIME US Edition till November Election of US President.

At the same time I bought TIME Asian Edition. I could not find much difference in its contents. But the cover of it are quite different.

I wonder if the Aisian Edition sold in China and Korea has different cover or not.

 

久しぶりに会いました(2016.04.15掲載)

学生時代に家庭教師をやっていた、小学校5年生(当時)の少年と55年ぶりに会いました。昔を思い出して非常に懐かしくおもいました。

その少年も、学校で数学を教えていましたが、既に定年で退職しています。

写真は当時のものです。

 

2016年度学生証(2016.04.15掲載)

2016年度の学生証をもらってきました。

 

Foreign Affairs (March/April, 2016号)を購入しました。今号の特集は"The World Is Flat- Surving Slow Growth"(世界はへこんだ、−低成長に生き残るー)でした。

その他の注目したEssayは、Can China's Companies Conquer the World? (中国の企業は世界を征服できるのか?)です。

 

2015年度成績発表(2016.04.04掲載)

2015年度の成績が発表になりました。夏学期の阪西紀子先生の社会史史料講読VのAに引き続き、冬学期の榎本武文先生の英語圏文学UもAでした。

桜満開 2016.04.01掲載

3月21日に開花した東京の桜の花ですが、近所の桜の花も本日満開となりました。

 

2016.03.14掲載

近くに住んでいる野良猫(雄猫で通称チビと近所の人に呼ばれています)は野良猫に似合わず人懐こい猫です。撫でてくれと言って寄って来ます。新聞配達のお兄さんにも恐れずに抱かれます。この写真は家の玄関で寛いでいるところです。(2016.02.19撮影)

2016.03.13(Sunday)掲載

2016.02.27 (Saturday)
庭の選定を植木屋さんにやってもらいました。ついでに、古い桑の木等隣の家の敷地内に梅雨時には枝を伸ばし、桑の実を落として迷惑なので、思い切って根元から伐採してもらいました。子供が小学校の時に教材として飼っていた蚕にあげる桑の木でした。思い出の深い木ですが、回りの家に迷惑をかけるといけないので伐採しました。

伐採前(2016.02.25撮影)

伐採後(2016.02.28撮影)

 

2016.03.05 (Saturday) 掲載

一昨年12月に私が協会を退職した時に、ドイツのBulk Online主宰のDr.Reinhard H. Wohlbierさんがご本人のメディアを通じて、私の退職挨拶を写真入りで紹介してくれました。

それを今日まで気が付きませんでした。

掲載内容はこちらから。

2016.03.05 (Saturday) 掲載

注文していたClyde Prestowitz著"JAPAN Restored"が到着しました。読み終わるのは何時になるのか分かりませんが、読んだ都度、別ページで逐次概要を掲載する予定ですが、著作権の関係であまり詳しく紹介できないかもしれません。それに力のない人が変な訳をつければ、原作者にお叱りを受けると思います。

取りあえず目次だけ

Chapter1 Tokyo, 2050 (2050年の東京)

Chapter2 2016-Year of Crises (2016年、危機の年)

Chapter3 Shifting Alliancers (同盟関係の変動)

Chapter4 Women to the Rescue (助けとなる女性)

Chapter5 Japan Becomes an English-speaking country(日本は英語を常用語とする国になる)

Chapter6 Innovation Nation (技術革新の国)

Chapter7 Energy Independence(外国に左右されないエネルギー)

Chapter8 From Japan, Inc. to Germany with Japanese Characterisitics (日本株式会社から日本的特徴を持ったドイツ株式会社 内容を読んでみないとその意味は分かりません。)

Chapter9 Overthrow of the Insiders (内部者の排除 内容を読んでみないとその意味は分かりません。)

Chapter10 Up with the People, down with the Bureaucrats (国民の力の増大と官僚の力の減少)

2016.01.19 (Tuesday) 掲載

2015年度冬学期の期末レポートの提出しました。レポートはこちらから。

2016.01.10(Sunday)掲載

2016年度「身分証明書」用写真を撮影しました。

 

 

ご意見